ブランド品を宅配クリーニングでピカピカにしよう

ブランド品はどこでも断られがち。それもそのはずです。
ブランド品には、デリケートな素材が多く使われていたり、破損した際のリスクが高かったりすぐためです。

しかし、宅配クリーニングにはブランド品を扱う店が存在します。
当サイトでは宅配クリーニングの選び方や注意点を解説しています。

ブランド品の宅配クリーニング

ブランド品宅配クリーニングを選ぶ際の評価軸

ブランド品に対応している宅配クリーニングは複数あります。
では、どれを選ぶべきなのか?
選ぶ際の注目すべき点を紹介します。

素材に対応しているか

ブランド品に対応している宅配クリーニングでは、クリーニング可能な素材、不可能な素材を明示しているサイトが多いです。
例えばレザーの品物でクリーニングを依頼しようと思っている場合、あらかじめレザーに関する表示を確認しておきましょう。

もし、対応素材に関する記述がない場合、問い合わせるようにしましょう。
これには理由があります。

もし、クリーニング品を発送後、クリーニングできないことが判明した場合、利用者が送料を負担して返送してもらうことになります。
時間とお金がかかるのでそのようなことがないようにお気を付けください。

業者は信頼できるか

ブランド品は高額であるため、信頼できる業者を利用するようにしましょう。

もし、ブランド品への知識がない場合、傷んでしまったり縮んでしまう可能性があります。
必ず、サイトなどで技術はあるのかを確認し、信頼できる宅配クリーニングを選びましょう。

納期はどれくらいか

ブランド品の宅配クリーニングは納期が遅いものがほとんどです。
デリケートな分作業にも時間がかかるためです。

もしお時間を気にする場合は、納期に関する情報を確認し、早い宅配クリーニングを選ぶようにしましょう。

宅配クリーニング利用の注意点

宅配クリーニングでは、事前に注意しておかないといけない点があります。
それは送料です。

宅配クリーニングでは、送料に関するシステムが様々です。
完全無料、一定額以上で無料、地域により変動など・・・。

安いように見える業者でも送料を含めると高くなってしまうことがあります。
必ず、料金試算の際は送料も含めて計算しましょう。

宅配クリーニングに頼るべき素材

宅配クリーニングに頼ることをおすすめする素材はいくつかあります。
安全にクリーニングを行うことで、大事なブランド品の美しさを損なわずにすみます。

ご自宅で洗濯などを行ってしまうと、失敗する可能性があり危険です。
少しお金を出してでも、安全に洗濯を行うことをおすすめします。

革素材

革素材は水洗いにより劣化しやすいです。
具体的には、色落ち、型崩れ、色ムラなどの症状が起こる可能性があります。

また、市販のお手入れ剤を利用したとしても、変色や色落ちが起こる可能性があります。
これは、革はデリケートであり、加工方法によって状態が異なるためです。

ムートン

ムートンは負荷にとても弱い素材です。
生地が傷んでいた場合、洗濯すると重みの負荷に耐えられず、毛が取れてしまったり、皮が剥がれてきてしまう恐れがあります。

また、乾燥がしっかり行われていない場合、塊になってしまうことがあります。

カシミヤ

カシミヤは水にとても弱いです。
ちゃんと対策をしていないと、カシミヤ特有の触り心地が失われてしまいます。

カシミヤの毛の表面には油脂がついており、これが触り心地、見た目の美しさの元となっています。
この油脂をどれくらい保てるかが重要なので、十分な知識を持った方が洗濯することが求められます。

宅配クリーニングはかばんや靴にも対応

クリーニングというと、衣服や布団のみだと考えがちです。
しかし、様々な種類に対応しています。

例えば靴、かばん、着物などの特殊な品物にも対応しています。
扱いが難しい分高額になってしまうという欠点はありますが、素晴らしい仕上がりになります。

また、靴やかばんは衣服よりも納期が遅いことに注意しましょう。
デリケート分時間もかかります。

まとめ

ブランド品はデリケートなものが多く、注意すべき点が多いです。
また、それぞれ配慮すべきことが異なるため、自宅で洗濯するのはとても難しいのです。

一度の誤った洗濯で品質は簡単に失われてしまいます。
高価なブランド品を長く使うためにも、クリーニングは専門のプロに任せましょう。